美容外科での二重整形

美容外科で受けられる施術には多くの種類があり、それぞれのコンプレックスに応じて的確な処置をしてくれます。

主に顔のパーツに悩みを抱えている人が多く、プレートを入れて鼻を高くしたり、たるんでいる皮膚を糸を使って引っ張りあげるなどの施術が主流です。

マイナビニュースはとても人気があり、興味深いです。

中でも女性はやはりぱっちりとした二重瞼へのあこがれが強く、一重や奥二重の人がはっきりした二重にするための手術を受ける事は多く、これは昔も今も人気が変わりません。


美容外科で行う基本的な二重整形は、瞼を切開して線を入れるというものですが、目元にメスを入れるというのは恐怖心がつきまといます。

美容外科の医師は技術があるので心配はないのですが、万が一眼球を傷つけてしまったらというような不安に襲われる事もあるのではないでしょうか。それでも二重にしたいという場合には、埋没法というやり方もあります。
瞼に脂肪がつくとこれがむくみのようになって二重の線をなくしてしまいます。この原理を生かしたのが埋没法で、瞼の上の脂肪を吸引してそこのボリュームを減らすという方法です。



膨らみがなければ皮膚が余るような状態になり、皮膚と皮膚が重なる部分が出てくるので結果的に二重の線が出来上がります。


脂肪分が無くなる事でスッキリとした印象にも繋がるので顔全体の美容にも効果的です。


また、この方法であればメスを使って大掛かりな手術をする必要もなくなりますから、恐怖心がぬぐいきれないという人はこの方法を試してみるのも良いのではないでしょうか。

東京の美容外科の優良サイトの情報を公開中です。